見終わったアニメを再び楽しくさせる「3」のコト


f:id:knowledge01:20180602182021j:plain
 みなさんはアニメを最後まで見終わったら、なにをするだろうか。

 最後まで見て、感動し涙を流したり、2期を期待させるような演出から続編を楽しみにしていたり。大好きになった作品は2周目に入る人や、Wikipediaで調べたりする人もいるだろう。以前の私はここで終わっていたが、大好きな作品をもっともっと味わいたいと思うようになり、ネットで調べまくっていた時期があった。そしてそこで見つけた『見終わったアニメを再び楽しくさせるコト』を今回紹介していこうと思う。

考察記事をみる

 キャラクターの気持ちを予想したり、伏線の意味全部を理解することはひとりでは難しいだろう。推理ものやギャグアニメなどには元ネタであったり、言葉の意味や語源を知っていないと、盛り上がりに乗れないなんてこともある。

 最近で言えば、アニメ業界を驚かせた『ポプテピピック』。あれは、元ネタがあるシーンが多く登場し、知っている人は倍楽しめるが、知らない人からするとよくわからない。そんなときに、考察記事を見ることで『ポプテピピック』が本当の意味でぶっこみすぎなことや、狂っているということを理解でき、より好きになれる。そして、元ネタを知ることで再びポプテピピックを見た際に大笑いできたり、友人との話も盛り上がるだろう。

 また、現状の把握をしたい場合も考察記事は役に立つ。ギャグアニメや連続したストーリーが存在しない日常アニメは含まれないが、ストーリー性の高い作品などでは非常に便利だ。最新のアニメを見続けようとすると1週間の空きがあり、1話から12話までは3ヶ月ほどの空きがある。そこで忘れてしまっている出来事や伏線などを振り返る意味も含めて、最新話を見る前に5分10分考察記事をみることで前回のあらすじを思い出すのにはちょうど良かったり、今の状況を把握しきれていないひとには役に立つだろう。

リアクション動画をみる

 人間はなぜかリアクションを見るのが、なんだかんだ楽しみな生き物だ。ドッキリ番組やお笑い芸人のリアクションを見て可笑しいと思うように、アニメでも同じだ。笑いや感動、苛立つシーンを通ったからこそ味わえることができる、リアクション動画で見る他人の喜怒哀楽。声を荒げて悲しむものもいれば、下品な言葉を連呼する人もいて、その人がこの作品に込めている思いや、どんなに好きなのかその人の行動や言動で見て聞くことが楽しかったり、嬉しかったり、その作品自体をもっと好きになれるきっかけにもなる。リアクション動画はほんとうに素晴らしい。

 ここで紹介しようと思うが、リアクション動画はほとんどが海外勢なため、しゃべっているのは英語だ。かといって面白くないわけではないので是非見てもらいたい。自分の好きなアニメのリアクション動画を見たい人は、YouTubeで『〇〇〇 reaction』と検索したり、ニコニコ動画で『〇〇〇 海外の反応』などと検索したらでてくる。


アニラジやアニメイベント

 アニラジというのはアニメラジオの略。アニメ作品のラジオで基本的に声優さんがパーソナリティを努めている。ただのラジオかと思いきや、ここでしか聞かないアフレコの裏事情なども聞けアニメ好きにはにはたまらない内容が豊富だ。アドリブシーンであったり、現場の雰囲気であったり、ときにはキャラクターに込めている思いや、それを知るためにどんな努力をしてきたのか様々な情報が聞くことができ、作品をより好きになれるきっかけにもなるだろう。最近ではデジタル配信が増えてきており『音泉』や『超!A&G』で聞くことができる。

 アニメイベントというのはその名の通りアニメのイベント。基本的には声優さんたちが出演者となり、作品についていろいろと話すイベントだ。面白おかしく問題をだしあったり、OPやEDのライブなんかもやったりする。アニメイベントに限っては、アニメだけでなく声優もメインなため、両方好きな人はは楽しめるだろうが、声優に興味がない人は盛り上がりに欠けるだろう。アニメイベントを見る方法としては、円盤の特典としてついている場合が多く、多少お高い。

 実はイベント以外にも最近では生放送もやっている。これまた、声優さんが出演者しており、ニコニコ生放送やAbemaTVなどで視聴することが可能だ。