【アニメ映画】大人でも楽しめる作品を紹介 | 人気・おすすめ

f:id:knowledge01:20171108015730j:plain

皆さんはどのようなジャンルの映画を見るだろうか。
切ない恋愛物語を見る人もいれば、臨場感あるホラー物語も見る人もいるだろう。この2種類以外にも多くのジャンルが映画には存在しており、老若男女、誰にでも楽しめることから、いつの時代でも愛されており、これからも愛されるコンテンツの一つだろう。
今回はそのジャンルの中の一つ『アニメ映画』を紹介して行こうと思う。アニメ映画は実写映画同様クオリティが高く近年伸び始めている注目すべきジャンルだろう。最近では『君の名は』を始め、『聲の形』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が異例の大ヒットを記録している。もちろんアニメ映画が現在のように注目される前から、数々の名作が生まれているが、まだ一般層には馴染んでいない作品が多くある。今回はこれらを中心に紹介して行こうと思う。

時をかける少女

f:id:knowledge01:20171110233654j:plain

2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された名作中の名作アニメ映画。後に名作の数々を生み出す『細田守』が監督し、アニメ好きの人々から一般層をアニメに引き込んだ作品になっている。
10年以上前の作品で、現在のアニメ映画より作画は劣るが、見る価値のある感動ストーリーになっており、青春時代を謳歌した大人に是非みてもらいたい作品だ。

監督:細田守
公開日:2006年7月15日
興行収入:2.6億円
関連動画(YouTube):劇場予告 | 10周年記念動画


サマーウォーズ

f:id:knowledge01:20171110234119j:plain

『細田守』による、長編アニメーション映画第3段で『時をかける少女』の次に当たる作品だ。前作の『時をかける少女』とは一味違い全体的に雰囲気が明るく、子供大人におすすめできるアニメ映画になっている。
本編中にでてくるOZ(オズ)は最近のアニメ業界で流行っている仮想世界となっており、雰囲気が抜群に良いと感じた。ストーリーは王道といえば王道だが今までにない斬新なものになっており、見て損はしない作品になってる。一度見てはいかがだろうか。

監督:細田守
公開日:2009年8月1日
興行収入:16.5億円
関連動画(YouTube):劇場予告 | スペシャル予告



おおかみこどもの雨と雪

f:id:knowledge01:20171110234214j:plain

細田守の第1作品目の長編オリジナル作品で、監督、脚本を手がける、『親子の関係』をきちんと考えさせられる作品になっている。
人間と狼人間の間に生まれた『雨』と『雪』。もちろん、物心付く前から狼になることができるため、世間体を理解していない子どもたちには難が多い世の中でも、我が子に対する『愛情』で数々の高い壁を超える感動物語だ。
大人になるに連れて親に感謝する気持ちを再び再認識したり、我が子を育てる親の苦労や愛情がしみる作品になっているので、大人には非常におすすめしたい作品になっている。

監督:細田守
公開日:2012年7月21日
興行収入:42.2億円
関連動画(YouTube):予告1 | 予告2


心が叫びたがってるんだ

f:id:knowledge01:20171110234414j:plain

感動アニメで名高い「あの花」のメインスタッフが再集結されて制作された、ある少女の青春時代を描いた作品。
主人公成瀬順は、あることがきっかけで喋ると腹痛になってしまうため、メールでのやりとりしかできない。そんな主人公と、問題を抱えた3人のクラスメートとの変化していく関係に注目だ。
作画、題名から察するに柔らかい恋愛物語と思いきや、内容が大人向けに構成されており、色々と深く考えさせられるため、満足できる作品だろう。

監督:長井龍雪
公開日:2015年9月19日
興行収入:11.2億円
関連動画(YouTube):予告 | 特報


言の葉の庭

f:id:knowledge01:20171110234617j:plain

数々の名作のアニメ映画を生み出している「新海誠」の第5作目のアニメーション映画だ。

上映時間は50分未満と短いがそれを感じさせない物語の構成、キャラクターの正確といった要素が満載だ。

特に私が気になったのは、作画だ。今まで見たアニメ映画の中でもかなりのトップレベルでの細かさで、非常に美しいと感じた。

一度、二度と繰り返し見ると、様々な新しい発見があるため、飽きなくて、より本作を知ることができる。非常におすすめする作品だ。

監督:新海誠
公開日:2013年5月31日
興行収入:1億5000万円
関連動画(YouTube):予告


秒速5センチメートル

f:id:knowledge01:20171110234810j:plain

2016年の大ヒットアニメ映画作品の「君の名は」の監督と知られる、新海誠の第3作品目。
本作は3部構成になっており、部別によって主人公は異なるが、基本的には主人公遠野貴樹の恋についてまつわる内容になっている。
気持ちであったり、緊張であったりと純粋だった小学生時代の初恋を彷彿とさせ、大人だからこそ響く物語に注目だ。

監督:新海誠
公開日:2007年3月3日
興行収入:1億円
関連動画(YouTube):予告 | 主題歌『One more time,One more chance』